2月例会LDタイム 会員拡大への挑戦 〜魅力ある人材育成への架け橋〜(案)

審議

 

 

ファイル名

01miryoku-01

 

事業名

2月例会LDタイム 会員拡大への挑戦 〜魅力ある人材育成への架け橋〜()

 

 

●室名

:委員会名 : 会員室 魅力あるJAYCEE創造委員会        

 

担当役職・役員名

担当副理事長予定者

元木 弘教

 

 

 

 

担当役職・役員名

担当常任理事予定者

田中 伸彦

確認日

2017年12月22

議長・委員長名

委員長予定者

板谷 大

確認日

2017年12月22

文書作成者役職・氏名

副委員長予定者

永山 直樹

作成日時

2017年12月22

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

事業要綱

 

1.

事業実施に至る背景

 

近年高槻JCでは飛躍的な会員拡大数増を達成でき正会員100名LOMになった時期はあったが2017年度メンバーの卒業による会員数減そして2018年度と以後の卒業人数を考えると組織運営に対しての低下が予想でき今一度会員拡大に対して正会員一人ひとりが拡大に対して熟考する必要がある。

 

2.

事業の対象者

対外対象者:一般参加者

対内対象者:正会員、特別会員

 

 

3.

事業目的 (対外)

 

青年会議所活動内容を学んでいだだき理解を得て高槻JCの正会員になっていただく事を目的とする。

4.

事業目的 (対内)

 

【例会】

・定款第8章第51条および運営規則第6章第21条第1項の規定により2月例会を開催します。

【LDタイム】

・高槻JCの魅力を発信できる人材となり正会員拡大に向けての行動力向上を目的とする。

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

事業概要

 

1.

実施日時

日程 2018年2月9日(金) 受付 18:30〜 開始19:00〜終了21:30

 

 

 

2.

実施場所・会場

市民会館305号室(例会、LDタイム)

 

3.

参加員数計画並びに参加推進方法

正会員85名 特別会員10名 一般参加者15名 合計110名

 

4.

予算総額

¥150,000

事業予算

 

5.

外部協力者・協力種別

2017年度 日本JCシニア・クラブ 世話人 上田 博和 先輩

 

6.

引用著作物の有無

 

7.

対外配布資料の有無

JCジャーナル

 

8.

公益性の有無

 

9.

事業検証形態

アンケートの実施(正会員、特別会員、一般参加者を準備)

 

10.

実施組織

 

統括責任者

板谷 大

運営責任者

永山 直樹

設営責任者

山本 啓介

受付責任者

池上 こづえ

受付

池上 こづえ  大瀧 綾  眞杉 理英子 総務委員会

司会

篠原 憲介 

講師アテンド

田中 伸彦(担当常任理事)

ドアクローズ及びドアオープン(2名)

次世代育成委員会

マイクランナー(2名)

まちの未来創造委員会

アンケート回収(3名)

会員開発委員会

写真撮影・ビデオ撮影

渉外広報委員会

パソコン操作

榎本健二 大橋雅人

盆もち(2名)

森賀 陽介 会員開発委員会

JCIクリード唱和

森賀 陽介

JCIミッションならびにJCIビジョン唱和

榎本 健二

JC宣言朗読並びに綱領唱和

山本 啓介

11.

事業内容(目的達成のための手法説明)

◆2例会及びLDタイムについて

 

◆タイトル

会員拡大への挑戦〜魅力ある人材育成への架け橋〜

◆講 師

2017年度 日本JCシニア・クラブ 世話人 上田 博和先輩 

◆講師時間

19:25分〜20:25分(講演時間60分)講演終了後 質疑応答の時間を15分 アンケート記入の時間を5分設けさせていただきます。

 

◆講師控室

講師控室として市民会館302号室を抑えております。

 

◆その他

講師のお出迎えについては田中担当常任理事を担当とし、講師である上田 博和先輩と連絡を取り合いなるべく講師対し

て負担がかからないよう近辺のホテルもしくは滞在場所に車にてお出迎えさせていただきます。尚、講師スケジュールと

して前日の2月8日に関しては高槻市の近辺である乙訓JCにて講演を予定されております。

 

◆質疑応答の手法について

質疑応答での15分間を有効に活用する為そして会員拡大には各委員会の職務分掌にて担いがあることを自覚していたく為にも積極的に講師に向けてしていただきますよう宜しくお願い致します。

万が一挙手が無く時間に間があれば各委員長を指名させていただきたいと考えておりますので各委員長に置かれましては

質問準備の程宜しくお願い致します。

内容に関しては今回のLDタイムの背景・目的そして魅力あるJAYCEE創造委員会の職務分掌であります会員の拡大・

育成・指導に沿う質問をいていただきますように宜しくお願い致します。

 

◆リハーサルについて

第一回リハーサル

日程:2月7日(水)

場所:市民会館305号室

時間:19:00〜22:00

 

◆第二回リハーサル

日程:2月9日(金)

場所:市民会館305号室

時間:15:30〜18:00

 

◆講師事前打ち合わせスケジュール

日程:12月18日()

場所:新大阪駅付近ホテル

時間:15:00〜17:00(予定)

 

◆贈呈品に関して

今回の講師であります上田 博和先輩に対して大変ご多忙の中講演を行っていただいた感謝の意味を込めまして贈呈品(ガラス製トロフィー)及び事業終了後に行います記念撮影の写真を収納出来る(アクリルフレーム)を準備させていただきます。尚、贈呈品2点に関しましては当日講演終了後大きな手荷物になり講師に負担をお掛けしますので後日指定される場所に郵送をさせていただきます。

 

◆一般参加者の動員の手法説明

 

正会員メンバーに関しましては当委員会にて振り分けを行い各委員会のスケジュールを確認しこの事業の趣旨・拡大の重要性・職務分掌にもあります通り正会員拡大に対してメンバー一人ひとりが担いの一つであることを自覚していただく為に委員会にPRとしてお時間をいただきお願いをしにいきます。

 

◆各委員会での一般参加者の動員目標人数

魅力あるJAYCEE創造委員会 5名

会員開発委員会 2名

まちの未来創造委員会 2名

次世代育成委員会 2名

渉外・広報委員会  2名

総務委員会 2名

合計 一般参加者動員目標人数 15名

 

12.

前年度からの引き継ぎ事項

【例会について】

@    特別会員の動員について

 当日の都合などにより参加が難しくなることが考えられますので、計画人数に対して1.2倍から1.5倍の確約を得る必要があると考えます。

A役割分担について

 一人ひとりに割り振った役割について責任感を感じてもらえるよう、与えた役割の意味を対話していくことが必要であると考えます。

(引き継ぎ事項に関する回答)

@    特別会員におかれましては1.5倍の確約をいただけるように委員会メンバー一丸となって行動をとっていきます。

A    どんな細かい担いにおいてもその重要性を委員会にて説明を行い、与えられた役割においても理解していただけるまで

説明を行います。

 

【LDタイムについて】

@アンケートについて

 アンケートの回収については、例会終了後に行うと片付けなどで全てのアンケ―ト回収が難しくなる事があるため、例会開催時間内で回収を行う方が、回収率の増加に繋がると考えます。

Aタイムスケジュールについて

 講演していただく講師の方によっては、時間内で収まらない事が考えられるが、焦らず冷静な判断の上、臨機応援に時間調整する必要がある。また、会場の終了時刻より逆算し、余裕をもった開始時間の設定が必要であると考えます。

B執行部席の移動について

 講師をお呼びする場合、講師が場内を回りながら話しをする事も考えられますので、執行部席が導線の妨げにならないよう、移動することが必要であると考えます。

 

(引き継ぎ事項に関する回答)

@    アンケート回収に関してはLDタイムにて5分間の時間を設けて行い正会員は勿論の事特別会員一般参加者も100%

の回収を目標とします。

A    講演時間のタイムスケジュールに関しても講師に正確に時間を理解していただく為に講演開始時間、終了時間を打ち合わせさせていただきます。例会及びLDタイムに関しましては21:30分終了予定となっており会場使用最終時間が22:00となっておりますので時間配分に関してはある程度の余裕を保って進行致します。

B    当日合計110名の動員を考えており市民会館305号室においては200名の収容が可能な部屋になっており会場スペースはある程度の余裕がある状況にあり講師が場内を回りながらお話が出来るような会場導線の取り方執行部席付近

の余裕を持った配置設定を行います。

 

13.

本年の工夫と期待される効果

(LDタイム)

・2018年度高槻JCとして初めてのLDタイム開催という事もあり以後の3月4月と良いバトンを渡せるように委員会メンバー全員で取り組んで参りたいと考えており、特に当委員会においては入会1年未満の委員の比率が高い為入念なリハーサルを行います。

・今回のLDタイムを開催する事によりメンバー一人ひとりの拡大に対してのプレゼンテーション能力を得る事により「個」の成長機会の提供ができ、より魅力ある人材になっていただき新しい魅力ある人材を入会へと導けるような事業を行って参ります。

 

 

 

14.

基本方針に関わる事項

(例会)

・定款第8章第51条および運営規則第6章第21条第1項の規定により2月例会を開催します。

(LDタイム)

・正会員一人ひとりが会員拡大に対しての重要性を考えまず魅力ある人材を求める為には自分自身が魅力ある人材にならないといけないという事を自覚していただきその自覚を対外へ発信出来るように努めていただきたいと考えております。

 

15.

提言書に関わる事項

・一人ひとりが「個」の成長を決して人からの押し付けで考えるのではなく自分自身の気づきと欲求にて行動に移し次世代の地域リーダーになりうる人材の育成に関わるように行動する。

 

16.

依頼事項

・例会・LDタイムの運営及び各委員会担当の担いが円滑に進行出来る様に各委員会理事におかれましては委員会にて

例会・LDタイムの趣旨を正確に委員会メンバーに発信していただきますように宜しくお願い致します。

・当日来ていただく講師に失礼が無いように高槻JCマンとしての自覚を持ち規律ある行動の心掛けを宜しくお願い致します。

・アンケートに関してはこれからの正会員拡大・次世代育成においても貴重なツールとなりますのでこの事業で感じた事をしっかりと記入していただきますよう宜しくお願い致します。

・特別会員並びに一般参加者には大きく丁寧な口調で挨拶を宜しくお願い致します。

 

17.

協議のポイント

(例会)

・タイムスケジュールに問題はないか

・役割分担に問題はないか

(LDタイム)

・講師選定に問題はないか

・タイムスケジュールに問題はないか

・基本方針に沿っているか

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

審議対象資料一覧(ここに記載したものは全て審議対象となります) 

●電子資料 〔ご覧になる際は、資料名をクリックしてください〕

 

電  子  資  料  名

パワーポイント

趣意書

アンケート用紙(対内)

アンケート用紙(特別会員)

アンケート用紙(一般参加者)

後援支援事業申請書

講師選定理由書

司会シナリオ

タイムスケジュール

10

役割分担表

11

持ち物リスト

12

アクリルフレーム画像

13

ホテル見積書

14

アクリルフレーム見積書

15

看板見積書

16

交通費見積書

17

案内文

18

会場図

19

看板

20

ガラストロフィー見積書

21

ガラス製トロフィーイメージ図

22

上田博和氏 講演URL

●配布資料・回覧資料

 

 

種 別

資  料  名  内  容

1

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

前回までの流れ(意見と対応)

 

第03回財政規則審査会議

 

開催日

2017年

12月

07日

(金)

協議

 

意見1:

体裁を整えてください。

対応1:

鑑13番の下線部の追記をし、体裁を精査致しました。

意見2:

講師交通費の詳細を記載してください。

対応2:

講師交通費の詳細をより分かり易く精査致しました。

意見3:

案内文の体裁を整えてください。

対応3:

案内文の段落の精査及びスローガンを追記し精査致しました。

意見4:

看板イメージ等全てにスローガンを入れてください。

対応4:

ハイパーリンク・案内文・看板にスローガンを記載しました。

意見5;

事業予算のハイパーリンク精査してください。

対応5:

事業予算ハイパーリンクをすべて確認し精査致しました。

意見6:

正会員にも一般参加者を募った方がより拡大に繋がるのではないですか。

対応6:

当初の予定でも正会員から15名の一般参加者の動員を予定しており、より分かり易く記載致しました。

意見7:

予算が余っているので講師に記念品等をつけてみてはどうですか。

対応7:

贈呈品としてガラス製トロフィー・写真保存用アクリルフレームを記念品として講師にお渡し致します。

 

 

第05回正副理事長会議

 

開催日

2017年

12月

14日

(金)

協議

 

意見1:

アンケート(特別会員)分を精査して下さい。

対応1:

アンケート(特別会員)の講演の感想・昭和○年組・連絡先の追記を行い精査致しました。

意見2:

講師料30000円の計上をしていますが予算反映していますか。

対応2:

講師である上田先輩に関しては2018年度も引き続き2018年度も日本JCシニア・クラブでの在籍を確認することが出来ましたので講師料の削除及び予算での精査をさせていただきました。

意見3:

シナリオを参考資料に添付して下さい。

対応3:

シナリオを参考資料に添付致しました。

意見4:

事業報告クール記載漏れに対して精査して下さい。

対応4:

事業報告クールを追記致しました。

意見5:

どのように一般参加者を募るか具体的な手法を追記して下さい。

対応5:

鑑11.◆一般参加者の動員の手法説明にて追記させていただきました。

意見6:

例会出席率優秀者褒章のシナリオでの追記及び対して総務委員会との連携を行って下さい。

対応6:

例会出席率優秀者褒章のシナリオでの追記を行い、タイムスケジュール・司会シナリオに反映しました。

総務委員会とも連携を行いリハーサルの参画要請も行っていきます。

意見7:

講師が参画できなかった場合の対応の追記を行って下さい。

対応7:

講師である上田博和先輩の他LOMでの会員拡大に対しての講演を映像で流すという対応策をとります。

意見8:

講師に対しての贈呈品であるトロフィーは必要ですか。

対応8:

財務審査会議にて講師に対して贈呈品を送られる手法をとってみてはいかがでしょうという意見があり当委員会としても過去高槻JCに対して2回講演を行っていただいた実績と今回も分刻みの多忙なスケジュールの中、快くこの担いをうけていただいたことに対しての贈呈品になりますので是非実行させていただきたいと考えております。

そしてこのLDを通しての拡大の実績がなによりもの高槻JC正会員全員の感謝の言葉であることは忘れずLDに取り組んでいきます。

 

 

第04回常任理事会

 

開催日

2017年

12月

14日

(金)

協議

 

意見1:

一般参加者の動員の対象者は誰ですか

対応1:

高槻JCの活動内容をこれから知りたいと思っていただいている入会資格に合った全員が対象となります。

意見2:

講師である上田先輩のプロフィール映像のリンクを追記して下さい。

対応2:

審議資料22番に講演URLを添付致しました。

意見3:

当日来られた一般参加者に関しては入会していただく形にしているのですか。

対応3:

正会員・特別会員同様に連れてきていただいた一般参加者への連絡の内諾をいただいた後、電話連絡を行い参加のお礼をさせていただき活動の説明・参加した例会・LDの感想と話しを進めて入会に対してのアプローチを行っていきます。

意見4:

2016年と同様の事業を行っても仕方ないと思いますので再考する方が良いのではないでしょうか。

対応4:

まず2016年度の事業を知らない正会員が非常に高いことを考えると講師選定が過去と重複する部分があったとしても効果的であり、さらに今回は「入会対象者」を数多く事業に参加していただくLDを考えておりますので2016年度と違った形になっていると考えております。12月18日に予定させていただいております上田博和先輩にもその内容は確実に伝え講演の内容を考えていただけるようにお願いをしにいきます。

意見5:

背景に記載がある「熟孝」を「熟考」に精査してください。

意見5:

背景に記載がある「熟孝」を「熟考」に精査し、尚、趣意書、講師選定理由書にも同様の誤字がありましたので精査致しました。

 

第05回理事会

 

開催日

2017年

12月

21日

(木)

協議

 

 

意見1:

特別会員を体内対象者に精査してください。

対応1:

特別会員を対内対象者に精査致しました。

意見2:

実施組織に上田くん、平井くん、山口くんの記載がないのと大橋くんが個人名なのはなぜですか。

対応2:

上田委員、平井委員、山口委員に関しては現在まで連絡がとることが困難な状況にあり、2月の例会出席に関しても参画できない可能性が高い為実施組織に反映しておりません、パソコン操作の担いに関して大橋君の個人名になっていることに関しては他の事業実地組織を参照にしても特段問題ございません。

意見3:

この事業概要で拡大に対するプレゼンテーション能力を得ることができますか。

対応3:

能力を得ることが出来る様に入念に講師との打ち合わせを行っております。

意見4:

上田博和先輩は対内、対外の両方の講演になると思いますが、2本柱になって軸がブレないでしょうか。

対応4:

対内・対外への発信内容及び時間配分も熟考し、2本柱を共に成功させる構成を講師との打ち合わせを行います

意見5:

絆を強固にするなど「強固」という言葉に対してどう考えてますか。

対応5:

一般参加者の動員方法の再考を行いましたので「強固」の文言は削除させていただきました。

意見6:

一般の方に対して対内のお祝いごとはおかしいので例会とⅬDタイムをわけるべきではないでしょうか。

対応6:

高槻JCの活動内容全てを一般参加者の方々にも見ていただきたいと考えておりますので現在の構成で進めていきたいと考えております。

意見7:

動員等を特別会員にお願いするのは失礼ではないですか。

対応7:

動員方法を特別会員の依頼を削除し正会員のみで15名の一般参加者の動員計画に再考致しました。

意見8:

上田博和先輩にはJC全体の話をしてもらえるのでしょうか。

対応8:

12月18日に行った打ち合わせにて承諾済みです。

意見9:

一般参加者用アンケートA高槻JCをJCだけにした方がよい意見がでるのではないですか。

対応9:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

意見10:

タイムスケジュールの新入会員入会式にナンバくんを記載して、監事講評の監事が2人になっている。

対応10:

上程時から新入会員入会式は反映しております。監事講評に関しては2人から1人に精査致しました。

意見11:

特別会員の名前を記載してください。

対応11:

一般参加者の動員手法を正会員のみにて精査致しましたので特別会員リストの添付は無しとし、電話連絡にて動員に繋げていきます。

意見12:

案内文とパワーポイントのスローガンの体裁を整えて、外部幹事を全て削除してください。

対応12:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

意見13:

タイムスケジュールの「褒章」を「褒賞」に精査してください。

対応13:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

意見14:

アンケートの身の回りにいる入会対象者を記入する意図は何ですか。

対応14:

2018年度の会員拡大に対して一つの手法として取り入れるためです。

意見15:

一般参加者30名は入会対象者ですか。

対応15:

一般参加者は15名に再考させていただきましたが参加していただいた全ての方が入会対象者ですので各委員会におかれましても入会資格に準ずる方への声かけを宜しくお願い致します。

意見16:

事業目的を再考してください。入会させる事が目的なのか、どうすれば目的達成なのか。

対応16:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

意見17:

事業目的が対外、対内2つあれば背景も両方の内容のある文言にしてください。

対応17:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

意見18:

アンケートは事業報告以外で何に活用しますか。

対応18:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

意見19:

60分の中の講演内容の組み立てを説明してください。

対応19:

15分(対内向け)45分(一般参加者)の講演内容に致します。

意見20:

アンケートが入会のイメージに繋がりにくいので再考してください。

対応20:

次回の正副理事長会議上程までに対応致します。

 

 

第04回財政規則審査会議

 

開催日

2017年

12月

25日

(月)

審議

 

意見1:

対応1:

第04回正副理事長会議

 

開催日

2017年

12月

29日

(金)

審議

 

 

意見1:

対応1:

 

 

 

第05回常任理事会

 

開催日

2017年

12月

29日

(金)

審議

 

意見1:

対応1:

 

 

第06回理事会

開催日

2018年

01月

05日

(金)

審議

 

 

 

 

 

 

 

議案上程スケジュール

 

 

 

事業計画 ・ 予算

 

事業報告 ・ 決算

 

回数

諸会議名

開催日時

議事

 

回数

諸会議名

開催日時

議事

第02回

財政規則審査会議

2017年12月07日

協議

第1回

財政規則審査会議

2018年3月19日

審議

第04回

正副理事長会議

2017年12月14日

協議

第1回

正副理事長会議

2018年3月26日

審議

第04回

常任理事会

2017年12月14日

協議

第1回

常任理事会

2018年3月26日

審議

第05回

理事会

2017年12月21日

協議

第1回

理事会

2018年3月02日

審議

第03回

財政規則審査会議

2017年12月25日

審議

 

 

 

 

第05回

正副理事長会議

2017年12月29日

審議

 

 

 

 

第05回

常任理事会

2017年12月29日

審議

 

 

 

 

 

第06回

理事会

2018年01月05日

審議

 

 

 

 

 

 

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

参考資料一覧

 

 

種  別

資  料  名

1

電子

基本方針職務分掌提言書委員会所信年間事業計画司会シナリオ

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算