第5回わんぱく相撲高槻場所 本大会(案)

審議

 

 

ファイル名

03jisedai-01

 

事業名

第5回わんぱく相撲高槻場所 本大会(案)

 

室名・委員会名

未来創造室 次世代育成委員会

 

担当役職・役員名

担当副理事長

皇甫 澄

 

 

 

 

担当役職・役員名

担当常任理事

植木 弘徳

確認日

2018年3月3日

議長・委員長名

委員長

阪田 百香

確認日

2018年3月3日

文書作成者役職・氏名

副委員長

高玉 要

作成日時

2018年3月3日

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

事業要綱

 

1.

事業実施に至る背景

 

近年、少子高齢化、生産年齢人口の減少、家族形態の変化に加え、インターネットやゲームの普及により、外遊びの機会が減り、土や木や水の感触や香りで生命を感じ、友だちの声や表情、体温で心を感じる、そうした五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を刺激する学びの場や経験が著しく少なくなった現代社会の子供たちは、想像力や発想力の欠如、コミュニケーション能力の低下などその影響は多方面に表れており、大きな社会問題の一つとして危惧されています。

 

2.

事業の対象者

 

対外対象者:小学1年生〜6年生とその保護者

対内対象者: 正会員、特別会員

 

 

3.

事業目的 (対外)

 

まちのために行動できる次世代のリーダーとなる人材の育成を目的とする。

 

 

4.

事業目的 (対内)

 

日本文化伝承の重要さを再認識するとともに、次世代育成への意欲向上、自己の意識改革を目的とする。

 

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料 /事業予算

事業概要

 

1.

実施日時

 

《土俵作り》

2018年5月7日(月)開始予定

開始13:00 終了16:00(予定)

※予備期間 5月8日(火)〜5月12日(土)

※天候や土の状況、作業人数などにより日程を変更もしくは追加する場合があるため予備期間を設定しています。

 

《前稽古》

2018年5月13日(日)

受付13:00〜 開始13:30 終了16:00

 

《本大会》

2018年5月19日(土)

受付9:00〜 開始9:30 終了16:00

※雨天延期

予備日 2018年5月20日(日)

受付13:00〜 開始13:30 終了16:00 (一部プログラムを変更して行います。)

※朝7時の時点で大雨洪水警報および暴風警報が出ている場合は中止致します。

 

《片づけ》

2018年5月20日(日)

開始13:00 終了15:00

 

 

2.

実施場所・会場

 

野見神社

住所:〒569-0077 大阪府高槻市野見町6−6

〈交通アクセス〉阪急「高槻」駅より徒歩10分

 

 

3.

参加員数計画並びに参加推進方法 

 

■参加員数計画

《土俵作り》

正会員35名

 

《前稽古》 

正会員50名  一般144名(高学年72名、保護者72名) 総動員数194名

 

《本大会》

正会員82名 特別会員18名 一般300名(低学年48名、高学年72名、保護者180名) 総動員数400名

 

【前年度動員数】

《出稽古(練習会)》

正会員9名  一般30名(うち子供参加者17名) 総動員数39名

低学年(ちびっこ相撲対象者):合計11名(1年生4名、2年生3名、3年生4名)

高学年(わんぱく相撲対象者):合計6名(4年生3名、5年生1名、6年生2名)

 

《本大会》

正会員35名 外部監事1名 特別会員3名 一般120名(うち子供参加者37名) 総動員数159名

低学年(ちびっこ相撲対象者):合計23名(1年生9名、2年生4名、3年生10名)

高学年(わんぱく相撲対象者):合計14名(4年生6名、5年生6名、6年生2名)

 

■参加推進方法

 

《正会員について》

▪ 案内文をメールにて送信します。各委員会の委員長、副委員長においては動員のご協力を依頼致します。

メール配信日〉 4月2日(月)

▪ 4月5月定例理事会および4月5月例会、各委員会訪問にて参加を促します。

 

《特別会員について》

▪ 特別会員リスト参照の上、過去わんぱく相撲に携わった理事及び担当委員会を中心にお電話にて、参加を依頼致します。

〈電話連絡期間〉 4月2日(月)〜

 

《一般について》

【申込期間】 4月16日(月)〜5月12日(土)

チラシ配布開始〉 4月9日(月)〜

協賛ポスター配布開始〉 4月23日(月)〜

 

 3月31日(土)プレ大会においてチラシを配布し、回収またはWEB応募フォームより参加者を募ります。

▪ 高槻市教育委員会・島本町教育委員会を通して、高槻市、島本町の各小学校、および富田青少年交流センター、春日青少年交流センター、クロスパル青少年センターへチラシを配布し、回収またはWEB応募フォームより参加者を募ります。

▪ 5月定例理事会および5月例会、各委員会訪問にて協力依頼、現役メンバーの家族および知人・友人の参加者を募ります。

▪ 特別会員へ電話又は訪問し協力依頼、特別会員の家族および知人・友人の参加者を募ります。

▪ 高槻市スポーツ団体協議会、島本町体育協会を通じ、参考資料のリストをもとに小学生が在籍している各スポーツ団体へチラシを配布し、WEB応募フォームより参加者を募ります。

▪ 野見神社、祥風苑、協賛および協力団体、企業、店舗にて、チラシおよび協賛ポスターを受付前などに置かせていただきよう依頼し、WEB応募フォームより参加者を募ります。

 

一般動員計画

当日までの流れ

 

《広報PR、プレスリリースについて》

▪ 高槻市、島本町の校長会へ出席させていただき、PRを行います。

PR日程〉 高槻市4月11日(水) 教育委員会より案件依頼

※5月以降予定は未定。月1回月初開催のため、5月に再度行います。

PR日程〉 島本町4月未定 教育委員会より案件依頼

※4月以降予定は未定。月1回月末開催のため、5月に再度行います。

▪ 城北通から野見神社まで協賛のぼりの掲示を各管轄諸団体へ依頼致します。

〈掲示期間〉 ジャズストリート広告掲示終了後〜5月19日(土)

※城北通商店街理事会参加にて承諾済みです。

※委員会メンバーにて掲示作業を行います。

▪ 野見神社にて開催される「泣き相撲」にてPRを行います。

PR日程〉 4月29日()

▪ 高槻JCFacebook、ホームページでの告知、およびFacebook利用メンバーに拡散を依頼致します。

▪ 「わんぱく相撲高槻場所」のFacebookページを作成、高槻JCの現行Facebookと連動しつつ、独自PR配信を行います。

▪ 高槻市の市報「たかつきDAYS(広報たかつき)」および高槻市の情報番組「情報BOXワイドたかつき」、メールマガジン「週刊たかメール」、「街フォト」への掲載を依頼致します。

〈仮後援申請〉 2月6日(月) 市報掲載依頼書

※市もしくは教育委員会の後援申請承諾後、市報掲載依頼書を教育委員会へ提出教育委員会を通して、

無料で市報掲載が可能になります。

※申込締切の都合上、仮後援申請を事前に取り、審議通過後、修正したものを再度提出致します。

〈市報申込締切〉2月末〜3月初旬※約二か月前

〈入稿締切〉4月初旬※約一か月前

〈市報発行日〉 5月2日(水)

 

以下メディアは無料配信のため、掲載の確約はいただけませんが、広報の一環として依頼を致します。

▪ 地元WEBサイト(高槻ネット.com、ナビ高槻、高槻ニュース、北摂なび.comなど)への広報を依頼致します。

〈依頼〉 3月2日(金)理事会にて承認後即時

▪ 地元広報誌(ぱど、リビング、シティライフ)への広報を依頼致します。

〈依頼〉 3月2日(金)理事会にて承認後即時

▪ 新聞各社へのプレスリリースを致します。

▪ J:COM様に当日の取材および、事前PRおよび事後PRの宣伝枠をいただけるよう依頼致します。

〈依頼〉 3月2日(金)理事会にて承認後即時

 

 

4.

予算総額

¥600,000− 

事業予算

 

 

5.

外部協力者・協力種別

 

援 高槻市、高槻市教育委員会、島本町、島本町教育委員会

協力 野見神社、城北通商店街、西日本学生相撲連盟、近畿大学相撲部、茨木市相撲連盟、一般社団法人茨木青年会議所、マスミダンスサークル、高槻市観光協会(はにたん)

 

■協力内容

【野見神社】

《内容》協力依頼書

@    土俵づくり〜本大会までの期間の会場としての貸出

A    本大会当日、オープニングにてわんぱく相撲高槻場所開催における子供たちの安全を祈願し、ご祈祷いただきます。

《経緯》

高槻東ロータリー 木大介氏のご紹介により2017年11月27日(月)にご挨拶に伺い、ご依頼し承諾いただきました。

 

【城北通商店街】

《内容》

@    城北通商店街における協賛のぼりの掲示

A    他のぼり掲示商店街との仲介

《経緯》

城北通商店街2018年度理事長 木大介氏のご紹介により、1月26日(金)城北通商店街理事会に出席させていただき、ご依頼。理事会の場にて承認いただきました。

 

【西日本学生相撲連盟および近畿大学相撲部】

《内容》西日本学生相撲連盟協力依頼書承諾書

@ 土俵づくり(土、俵の手配、輸送、設営における相撲部学生様の当日のご協力)

A 本大会当日、近畿大学相撲部学生様にエキシビジョンマッチや稽古を行っていただき、会場を盛り上げていただきます。

《経緯》土俵づくりにおける議事報告書をご参照ください。

 

【茨木市相撲連盟および茨木青年会議所】

《内容》

茨木市相撲連盟と茨木青年会議所が共催する相撲事業(3/11)に参加させていただき、実践による審判講習としてご指導いただきます。

《経緯》

2017年10月28日(土)29日(日)茨木市相撲連盟と茨木青年会議所が共催するわんぱく相撲茨木場所出稽古と本大会にオブザーブで参加。茨木市相撲連盟の大野氏に審判講習の実施を依頼、ご承諾いただきました。

 

【マスミダンスサークル】

《内容》

本大会当日、オープニングのダンスやはにたんとの準備体操などでご協力いただき、地元のダンスサークルとして、地域とのつながりを感じていただけるような楽しく親しみのあるパフォーマンスで会場を盛り上げていただきます。

《経緯》

マスミダンスサークル様にお電話にてご依頼。例年お付き合いもあることから、ご承諾いただきました。

 

【高槻市観光協会(はにたん)】

《内容》

本大会当日、オープニングの準備体操や表彰式の際に登場いただき、地元のマスコットキャラクターとして、会場の子供たちが楽しく笑顔で1日を過ごしていただけるお手伝いをしていただきます。

《マスコットキャラクター(はにたん)貸出申請について》「はにたん」着ぐるみ貸出承認申請書兼同意書

▪ 貸出日の3か月前から予約開始のため、2月19日朝9時に電話にて仮予約後、「「はにたん」着ぐるみ貸出承認申請書兼同意書」を提出致します。

※2018年度より、市が主催する事業以外への貸出については高槻市観光協会(072-675-0081)が管轄。

※非営利目的事業(市もしくは教育協会の後援が取れている場合など)は、市以外の他団体事業でも貸出は無料。ただし申請の際に後援の証明する書類の提出が必要。

 

※島本町公式マスコットキャラクターみづまろくんについて

島本町の提示しているみづまろくん使用規定として、島本町内でのイベントや事業においてのみと定めており、交渉はしておりますが、現時点での貸し出しは不可とのお返事を頂いております。引き続き、アプローチは致します。

 

 

 

6.

引用著作物の有無

日本JCのわんぱく相撲のイラストおよび音楽

 

 

7.

対外配布資料の有無

 

JCジャーナル、個人情報掲載に関する同意書

 

 

 

 

8.

公益性の有無

 

9.

事業検証形態

 

 

 

 

アンケートの実施

 

 

10.

実施組織

 

《協賛依頼》

 

統括責任者

1名

阪田 百香

副責任者

2名

高玉 要、松本 篤史

協賛依頼協力者

複数名

次世代育成委員会

 

《2018年5月7日(月)〜5月12日(土)土俵作り》

 

統括責任者

1名

阪田 百香

副責任者

2名

高玉 要、大塚 学

土俵作り協力者

30名

次世代育成委員会(全員)

まちの未来創造委員会、会員開発委員会、魅力あるJAYCEE創造委員会、渉外広報委員会、総務委員会より各4名

 

《5月13日(日)前稽古》

 

統括責任者

1名

植木 弘徳

運営責任者

1名

阪田 百香

案内・設営責任者

1名

高玉 要

司会

1名

山田 起也

統括)受付

受付

1名

3名

松久保 豊

総務委員会より2名、事務局長または事務局次長

統括)会場外案内・誘導

会場外案内・誘導

 

1名

4名

 

松本 篤史

大瀧 将司、片尾 茂正

魅力あるJAYCEE創造委員会より1名、総務委員会より1名

統括)会場内案内・誘導

会場内案内・誘導

 

1名

3名

 

根本 いづみ

魅力あるJAYCEE創造委員会より1名、

会員開発委員会2名

統括)会場設営

会場設営

1名

3名

大塚 学

谷田 元希、与座 雄太、魅力あるJAYCEE創造委員会より1名

統括)行司・呼び出し

行司・呼び出し

 

1名

5名

 

高玉 要

渉外広報委員会より1名、会員開発委員会1名

まちの未来創造委員会より3名

写真撮影・ビデオ録画

2名

渉外広報委員会より2名

救急対応

毒、絆創膏による軽傷対応

救急病院へ搬送する重症対応

 

1名

1名

 

看護士

松久保 豊

各委員会より交代要員も含め、3名で配置しています。

 

《5月19日(土)本大会》

 

統括責任者

1名

植木 弘徳(インカム)

運営責任者

1名

阪田 百香(インカム)

案内・設営責任者

1名

高玉 要

司会

1名

山田 起也

統括)受付

受付

1名

6名

松久保 豊(インカム)

総務委員会より4名、事務局長、事務局次長

統括)会場外案内・誘導

会場外案内・誘導

 

1名

6名

松本 篤史(インカム)

大瀧 将司、片尾 茂正

魅力あるJAYCEE創造委員会より2名、総務委員会より2名

統括)会場内案内・誘導

会場内案内・誘導

 

1名

6名

根本 いづみ(インカム)

魅力あるJAYCEE創造委員会より2名(うち女性1人)、

会員開発委員会4名

統括)会場設営

会場設営

1名

4名

大塚 学(インカム)

谷田 元希、与座 雄太、魅力あるJAYCEE創造委員会より2名

統括)行司・呼び出し

行司・呼び出し

1名

8名

高玉 要(インカム)

渉外広報委員会より2名、会員開発委員会2名

まちの未来創造委員会より4名

統括)ちゃんこ鍋担当

ちゃんこ鍋担当

1名

2名

清水 康雄(インカム)

まちの未来創造委員会より2名

写真撮影・ビデオ録画

4名

渉外広報委員会より4名

アンケート回収

20名

次世代育成委員会、まちの未来創造委員会、会員開発委員会、

魅力あるJAYCEE創造委員会、渉外広報委員会

救急対応

毒、絆創膏による軽傷対応

救急病院へ搬送する重症対応

 

1名

1名

 

看護士

松久保 豊

各委員会より交代要員も含め、6名で配置しています。

 

 

 

11.

事業内容(目的達成のための手法説明)

 

名称『第5回わんぱく相撲高槻場所 〜勝負の神様を祀る野見神社に本物の土俵がやってくる

内容】五感で感じる学び、記憶に残る学びこそが現代の子供たちに必要な学びであると考え、日本で初めて相撲を取った神様が祀る野見神社に本物の土俵を作り、伝統と文化を重んじる日本の競技、相撲を通じて礼儀や努力、友達を思いやる心など日本人が大切にしてきた心と体の鍛え方を学ぶことで、まちのために行動できる次世代のリーダーとなる人材の育成を目的とした事業を実施致します。

 

■当日の運営について

前稽古、本大会ともにメンバーへ運営マニュアルを配布致します。

運営における注意点などは前稽古用運営マニュアル本大会用運営マニュアルを参照ください。

(役割分担表/大会・練習形式/タイムスケジュール(審議資料にも添付)/会場図(審議資料にも添付)/持ちものリスト)

 

また各役割の統括担当として当委員会メンバーを配置。委員会メンバー内で確実に内容を把握し、他委員会メンバーへの指揮伝達経路を明確しスムーズな運営を行います。当日統括担当はインカムを装着します。

 

■取り組み中の進行について

▪ 呼び上げ担当は、呼び出し担当から必ず2名選抜し、机に座りトーナメント表に沿って進行を進めます。

1人が呼び上げ、1人がトーナメント表に勝敗などを記載します。

▪ 審判は勝敗の判定時、「東の勝ち」か「西の勝ち」と呼び出し担当に聞こえるように配慮し、統括は常に審判と呼び上げの仲介となれる位置に立ち、進行が滞ることのないよう補佐致します。また、順番や勝敗の確認など保護者や子供からの問い合わせの対応も統括が行い、進行の妨げにならないように補佐致します。

▪ 案内・誘導担当は低学年・高学年各1名ずつ人員を配置し、シナリオをよくご確認の上、審判および呼び上げの声に従い子供達を案内・誘導し、スムーズな進行を補佐します。

 

■会場選定理由

ご祭神である「野見宿禰命」(のみすくねのみこと)が、日本で初めて相撲を取った神様として知られ、スポーツだけでなく、仕事や就職など運を勝ち取るために全国から多く参拝されるなど、わんぱく相開催には最適であると考えます。また認知度、利便性の良さともに兼ね備えた場所であるため、本年度の動員はもちろん、わんぱく相撲の存在を幅広く知ってもらう機会にもなると考え、会場に選定いたしました。

協力依頼書

野見神社について

 

■土俵作り、協賛金について

本年度は、本物に触れる学び、五感で感じる学び、記憶に残る学びを子供たちに提供したいと考え、広告協賛を募り、日本で初めて相撲を取った神様が祀る野見神社に本物の土俵を作りたいと考えます。高槻JCとしては初めての試みであり、未来を担う子供たちのために地元の各種団体、企業、飲食店、様々な形で関わり作り上げていることを、高槻駅前から野見神社周辺まで連なる協賛のぼりで表現し、まちを巻き込み、わんぱく相撲高槻場所を盛り上げます。

 

 

《土俵づくりについて》

近畿大学相撲部伊藤監督および、西日本学生相撲連盟さまのご協力を得て、土俵づくりを行います。

実際の作業についてはボランティアで近畿大学相撲部の学生さんにお越しいただきます。

西日本学生相撲連盟協力依頼書承諾書

土俵づくりにおける議事報告書

 

《協賛金について》

のぼり3タイプ、横幕1タイプの広告協賛をご用意し、わんぱく相撲の趣旨をご理解いただき、ご賛同いただける高槻市、島本町の企業や飲食店などに依頼致します。また協賛企業一覧としてホームページおよび協賛ポスターへ掲載を致します。

協賛計画

協賛依頼チラシ

協賛企業リスト

 

【協賛募集期間】 3月19日(月)〜4月15日(日)

 

■ふるまいちゃんこついて

▪ 本大会当日は、昼食として来場者全員に無料でちゃんこを振る舞います。

▪ ちゃんこの準備は、前日IMPCTで行い、当日の調理は10時より開始し昼食に備えます。

▪ 配膳時間は12:30〜13:30までとし、それ以外の時間帯はちゃんこ場をブルーシートにて囲みます。

▪ 下痢や吐き気などの胃腸炎症状や、発熱、手指に傷のある方は、調理や配膳は控えていただき、調理や配膳に関わる際は除菌シートで手を拭き、使い捨て手袋とマスクの着用致します。

▪ 食物アレルギー対策として、ちゃんこ鍋の材料表を調理場所に貼り出します。

▪ ちゃんこ場に、関係者以外の方を立ち入らせないように徹底致します。

※余ったちゃんこについては、次世代育成委員会が責任を持って株式会社多岐産業へ廃棄します。

 

■まわしについて

大阪ブロック協議会より相撲用簡易まわし小、中、大を各50個お借りします。事前にメンバーが取りに伺います。

 

■テントについて

高槻市コミュニティ推進室(072-674-7462)よりテントをお借りします。

コミュニティ市民会議へ教育委員会より申請書を提出、承認後事前にメンバーが取りに伺います。

 

■お申込みについて

QRコードからのお申込みと裏面の申込みフォームからのお申込みと致します。

 

QRコードからのお申込方法】

@    チラシ掲載のQRコードを読み取り、申込みフォームより必要事項を記入の上送信。お申込みが完了します。

A    自動で登録完了のページが表示されます。

B    後日登録いただいたメールアドレスへ詳細を送信致します。

 

FAXからのお申込方法】

@    チラシの裏面の申込みフォームに必要事項を記入の上、FAXにて送信。お申込みが完了します。

A    後日登録いただいたメールアドレスへ詳細を送信致します。

 

【学校回収からのお申込方法】

@ チラシの裏面の申込みフォームに必要事項を記入の上、学校にて回収。お申込みが完了します。

A    後日登録いただいたメールアドレスへ詳細を送信致します。

 

【プレ大会からのお申込方法】

@    チラシの裏面の申込みフォームに必要事項を記入の上、プレ終了後に受付。お申込みが完了します。

B    後日登録いただいたメールアドレスへ詳細を送信致します。

 

《キャンセルについて》

やむを得ずキャンセルをされる場合は、なるべく早い段階でのご連絡をお願いし、当日や前日のキャンセルはお控えいただくよう促します。

 

《定員について》

お申込み先着小学生144名までとします。

※募集人数を超える応募があった場合はキャンセル待ちである旨のご連絡をし、申込者がキャンセルとなった場合は、受付順上位からご連絡をし、参加を促しします。

※定員を満たない場合は当日申込みも積極的に募ります。9:50を最終受付とし、当日申込み児童にはわんぱく相撲ルールブックを配布し、事前にお知らせしている注意事項など保護者への説明を行います。

 

■参加者の服装および持ちものについて

 

《服装》稽古中は運動のできる服装(服の上よりまわしを締めていただきます)

男子:上半身裸・半ズボン・裸足 女子:上下体操着・裸足

※男女共に体操着及びそれに類するもので金具のついていないものを選んでいただきます。

※髪留めは金属やプラスチックの硬い物は避けていただきます。

※髪の長いお子様は基本ゴムで束ねていただきます。

 

《もちものについて》@稽古用の服装 A着替えと靴を入れる袋またはバッグなど

 

■未就学児童の部について

今年度については、今回はすでに動員計画に基づくタイムスケジュールを組んでおり、現状でもタイトスケジュールとなりますので、未就学児童の部は見送ります。参加人数によって、時間に余裕がある場合は兄弟関係でお越しいただいている未就学児童を対象に、ちびっこ相撲の枠内にて参加を促します。

 

■アンケートについて

事業検証のために対象に合わせて3種類(子供用、保護者用、対内用)のアンケートを実施します。子供用はふりがな付アンケートを配布致します。

 

《配布方法》

受付にて事前に配布、アンケート記入時間を独自に設け、ご記入いただきます。

 

《回収方法》

回収ボックスを受付に設置し、事業終了後回収致します。

 

■駐車場について

公共交通機関をご利用いただき、徒歩でのご来場を促します。

野見神社の駐車場は参拝客様用になりますので、わんぱく相撲参加者は原則ご利用いただけません。

また隣接する市民会館駐車場のご利用はクレームに繫がるため、禁止致します。

 

■雨天時の対応について

▪ 朝7時の時点で雨天の場合、延期致します。

※延期の場合、20日(日)の13時より開催予定とし(野見神社さまのイベントがあるため、午前中の会場は使用不可)、一部

プログラムを変更して行います。

▪ 朝7時の時点で大雨洪水警報および暴風警報が出ている場合は中止致します。

 

《雨天時、警報発令時のアナウンス方法》

@ ホームページ上に開催決行、延期、中止のお知らせをアップ致します。

A    参加者には登録時のメールへ開催決行、延期、中止の連絡を一斉メール配信致します。

B 協賛企業、団体、店舗には申込時のメールへ開催決行、延期、中止の連絡を一斉メール配信致します。

 

■メンバーの服装について

動きやすい服装に、上はJCポロシャツの着用をお願いします。

※中澤理事長および三重野専務につきましては、スーツ着用でお願い致します。

※行司及び呼び出し担当は開催当日、白シャツに黒スラックスのご用意をお願いします。

※土俵上は土足厳禁です。必ず行司および審判の際は、裸足もしくは足袋を着用して土俵に上がってください。

※理事長挨拶、表彰(中澤理事長)および閉会の辞(植木常任理事)の際は、裸足で土俵に上がっていただきますようお願い致します。

 

■リハーサルについて

5月13日(前稽古)午前中と5月18日(前日準備)の2回行います。

基本的には委員会メンバーのみで行います。

《委員会メンバーのみとしている理由》

各役割の統括として、プレ大会、前稽古、本大会ともに当委員会メンバーを配置しています。それぞれが責任のある立場で動いでいけるよう、メンバー一人ひとりと打合せをし、万全の体制を整えます。委員会メンバーの成長の機会提供のため、当日は統括担当に指示を仰ぎ、ご協力くださいますようお願い致します。

 

【全体リハーサル】

プレ大会および前稽古本番が本大会へ向けてのリハーサルとします。

 

■大阪大会のぼりについて

わんぱく相撲高槻場所各学年男女優勝者および準優勝者12名分ののぼりを作成。

(一社)高槻青年会議所の名称、個人名、大会名、わんぱく相撲のロゴをあしらったデザインにいたします。

 

■保険について

賠償責任保証と、傷害保険に加入し、万が一の事態に備えます。

 

【日本JCの事業賠償責任保険】

JC側の過失で一般の方が死亡、またはけがをした場合、JC側の過失度合や損害の大きさにもよりますが、最大で2億円までの補償が可能。JC側に過失がない場合、賠償責任はありません。チラシやお申込みのメールにて念のため、JCが加入している保険以上の責任は負いかねる旨の記載を明記致します。

日本JC事業賠償責任保険について

 

【総合保険KIT】

補償内容については審議資料に添付の「見積もり_リクリエーション保険(前稽古)」「見積もり_リクリエーション保険(本大会)」を参照ください。

補償金額はすべて茨木JCがわんぱく相撲大会時において加入しておられる保険を参考にしています。

 

■医療体制について

医療法人恒昭会藍野花園病院より看護士に1名お越しいただき、けが人が出た場合の応急処置対応の為に待機していただきます。料金は3,000円承諾を得ております。

藍野病院依頼書承諾書(前稽古)

藍野病院依頼書承諾書(本大会)

 

《毒、絆創膏による軽傷対応》 担当:看護士

《救急病院へ搬送する重症対応》 担当:松久保 豊

119番通報により救急病院へ搬送します。又は下記救急病院へメンバーの車で搬送します。

 

【救急病院】

大阪府三島救命救急センター 072−683−9911

高槻赤十字病院 072−696−0571

高槻病院 072−681−3801

 

 

12.

前年度からの引継ぎ事項

 

【出稽古】

▪ 一般参加者について

当日、急に来られなくなることはありますが、参加者には必ず連絡を取れるよう事前に確実なお声掛けをする必要がある。

《回答》1週間前にメール連絡し、前日に再度メール、お電話にて連絡を致します。

 

【リハーサル】

@ 設営について

体育館を使用する際は、前日に設営準備し翌日まで備えるのが良い。また、担いのあるメンバーには入念なリハーサルを含め、当日にも再度しっかりと伝達をし、確認する必要がある。

《回答》運営マニュアル作成し、メンバーの立場に立った解りやすい運営を行えるよう努めます。

 

B    メンバーの役割について

リハーサルに参加できなかったメンバーにしっかり周知できるよう、各委員長、各副委員長へ確実に伝達を行う必要があ

る。

《回答》各役割に当委員会から統括担当を配置することで、指揮伝達経路を明確にし、運営をスムーズに行えるように致します。

 

【高槻場所当日】

@ 一般動員について

今回、アクセスを考え高槻小学校の体育館で行いましたが、動員には繋がりませんでした。

小学校へチラシを配布する際は、再度、学校側でチラシ回収をしていただき参加の促しを行うのが効果的だと考えます。

《回答》学校側でチラシ回収をしていただき参加を促します。

 

A マスコットキャラクター(はにたん)について

役所との貸出連絡をしっかりと行い、車の手配や人の手配を早めの段階で決めておく必要がある。

《回答》3か月前の予約開始のため、2月19日朝9時に電話にて予約し、打合せや人の手配など事前に行います。

 

C    運営について

当日、子どもたちの取り組み(トーナメント表)に変更があった為、タイムスケジュールに変更が生じ予定時刻より早く終わることになってしまいました。このような事にならないよう想定をし、当日ばたつきのないよう考えておく必要がある。

《回答》当日の人数が変動しても対応が可能なトーナメント表を作成致しました。

 

D    ちびっ子相撲について

整列、対戦までに時間がかかり退屈している子どもたちが目立った為、グループごとにわけて、股割やぶつかり稽古を増やした方が良い。また、低学年によるちびっこ相撲も、団体戦やトーナメント方式の試合を組むのも一つの方法だと考えます。高学年と同様に表彰状やメダルの授与も取り入れるのも良い。

《回答》ちびっこ相撲は午前中のうちに終了するプログラムを組みました。またわんぱく相撲同様、小さいうちから勝負の厳しさやマナーを学んでほしいという想いから、トーナメント制を取り入れ、表彰状とメダルも用意致します。(参加人数により、1回戦で終了する可能性がある旨をチラシに記載致します。)

 

E    会場外について

事業終了後には必ずメンバー全員で学校内の清掃を徹底(チェック)するのが良い。

《回答》事業終了後はメンバー全員で危険がない状態まで片づけを行い、翌日(5/20)片づけ、清掃を徹底し行います。

 

F    各スポーツ団体へのチラシ配布について

高槻市スポーツ団体協議会のご協力は必ず必要ではあるが、委員会メンバーもしくはLOMメンバーで振り分けをし、直接スポーツ団体へお声がけする必要がある。

《回答》各スポーツ団体へ直接連絡を取れるルートを確保し、お声がけ致します。

 

G    タイムスケジュールについて

予定していた人数を下回るケースも想定し、組み合わせ(トーナメント表、リーグ表)を何パターンか作っておく必要がある。

《回答》Bの回答と同じ

 

H    子どもたちの性別について

応募用紙や当日の受付時にしっかりと性別の記入を行っていただく必要がある。

《回答》WEB申込みフォームおよび、チラシ裏面の申込みフォーム内に性別のチェック欄を設けました。

 

【その他】

@    ちゃんこ鍋について

今回は当初400人前で見積り、調理を予定していたが、動員数の兼ね合いを見て200人前に調整した。結果フードロスも無く、子ども達もたくさんおかわりをしてくれ喜んでいただけました。ちゃんこ鍋の付近に栄養成分表をはりだして安全に食べていただけるよう工夫をしました。今回のように、人数調整など、様々なケースを考え、調理責任者は飲食関係者を選定し色んなケースでの対応を行う必要がある。

《回答》今年度もちゃんこ鍋の付近に、使用食材を明記し、アレルギー対策を行い安全安心な調理を心がけます。また調理責任者には飲食関係者を選定し、密に打合せを行い、無駄のないよう調整を行います。

アレルギー対策ちゃんこ材料表

 

A    行事、ルール説明について

子ども達に相撲の伝統を伝えるために、茨木相撲連盟の方や、関西大相撲部など知識豊富な方に協力を要請し当日の取り組みなどサポートに入ってもらうことで、子どもも、メンバーの成長にも繋がると考える。

《回答茨木市相撲連盟様主催の事業に参加させていただき、実技講習を開催致します。行司・呼び出し担当に当たっている委員会からは必ず1名ずつ参加いただきます。

※53年組以外の方、わんぱく相撲の行司・審判講習会を受けたことのない方の参加をお願い致します。

[開催日]3月11日(日)12:00〜 ※詳細な案内は後日委員長を通じ、該当メンバーへ配信致します。 

 

B    看護師について

派遣の方から報告書もいただいており、服装なども看護と分かるように病院指定の物にしてあげる方がよい。

《回答》先方の意向を再度確認し、希望の内容を取り入れます。

 

C    開催場所について

   大阪大会も全国大会も土俵で行うこととなるので、高槻場所も萩谷総合公園にある土俵を活かすか、協力いただける場所に土俵を作るのが良いと考えます。

 《回答》関係者の方に協力いただき、本物の土俵を作成致します。来年度以降も本年度の金額以内で作成できるよう、ルートや仕組みを作れるようにと考えています。

 

D    上程スケジュールについて

しっかりとした事業、議案内容にするため、一か月早めに提出する準備が必要と考えます。

《回答》1ヵ月早い上程スケジュールを実施いたします。

 

E    個人情報の保管について

参加していただいた子どもたちの個人情報については、次年度以降も参加動員に繋がることだと思うので、事務局にて厳重な保管をする必要がある。また、チラシにも個人情報の説明を必ず記載するのが望ましい。

《回答》WEB申込みフォームおよび、チラシ裏面の申し込みフォームに個人情報の取り扱いについて明記、事業終了後も厳重な保管に努めます。

 

13.

本年の工夫と期待される効果

 

《本年の工夫》

高槻JCとしては初めての野見神社に本物の土俵を作ってのわんぱく相撲高槻場所の開催であり、未来を担う子供たちのために地元の各種団体、企業、飲食店、様々な形で関わり作り上げていることを、高槻駅前から野見神社周辺まで連なる協賛のぼりで表現し、まちを巻き込み、わんぱく相撲高槻場所を盛り上げます。

のぼり設置期間:ジャズストリート広告掲示終了後〜5/19(土)本大会当日まで (約2週間)

 

《期待される効果》

本年度の動員はもちろん、わんぱく相撲高槻場所の認知度向上と次年度以降の動員に弾みをかける効果が期待されます。

 

14.

基本方針に関わる事項

 

. 挑戦と成長による新たな価値の創造

▪ 今一度、まちの問題と真摯に向き合い、学び、考えることで自己の成長と新たなるまちづくりの挑戦意欲を高める。

. 魅力あるJAYCEEの育成

▪ まちを思い、まちづくりを創造することで、行政から高槻JCの必要性を再度確認してもらう。

. 地域との普遍的なつながりによる“まち”の創造

▪ 高槻市総合戦略部と共に新たなるまちづくりを創造し明るい豊かな社会を実現する。

 

 

15.

提言書に関わる事項

教育・養育・指導を行う側と受ける側が共に学び成長する共育の機会を追求と、自ら主体的によりよいまちづくりを進めていくことのできる地域リーダーの育成において、五感で感じる経験を通じ、子供たちに記憶に残る学びの場を提供。発想力や想像力、コミュニケーション力を培い、個性豊かな文化の創造を図り、未来を創造する次世代の育成を目指します。 

 

 

16.

依頼事項

 

・各委員長および副委員長様におかれましては、メンバー動員用POPを配信していただき、委員会メンバーの動員のご協力お願い致します。

・5月7日〜土俵作り、5月13日前稽古がございますので、連日の動員となりますので各委員会内で役割分担表に記載した動員人数を参考に割り振りいただき、いずれかのご参加をお願いいたします。

・小学生の子供とその親御様を対象とした事業です。当日は参加者以外にも、野見神社への参拝客や、多くの見物者が来られる可能性がありますので、各委員長および副委員長様におかれましては、委員会メンバーの規律ある行動を促していただきますようお願い致します。

・各役割の統括として、前稽古、本大会ともに当委員会メンバーを配置しています。それぞれが責任のある立場で動いでいけるよう、メンバー一人ひとりと打合せをし、万全の体制を整えます。当日は統括担当に指示を仰ぎ、ご協力くださいますようお願い致します。

・わんぱく相撲プレ大会の際と同様の役割分担に配置しています。役割分担票をご確認の上、ご協力お願いいたします。なお、役割分担人数を確保しながら、委員会毎に交替で休憩を取ってください(昼食はちゃんこをお召し上がりください。ちゃんこ横にメンバーの休憩場所を設けます)。役割から外れている時も、会場内にて子供達への声かけや応援をお願い致します。

・行司・審判において、茨木市相撲連盟様主催の事業に参加させていただき、実技講習を開催致します。行司・呼び出し担当に当たっている委員会から必ず1名ずつご参加いただけますようお願い致します。※53年組以外の方、わんぱく相撲の行司・審判講習会を受けたことのない方の参加をお願い致します。[開催日]3月11日(日)12:00〜 ※詳細な案内は後日委員長を通じ、該当メンバーへ配信致します。 

服装は動きやすい服装で、JCポロシャツを着用してください。※中澤理事長および三重野専務につきましては、スーツ着用でお願い致します。

・行司及び呼び出しをされる方は開催当日、白シャツ、黒スラックスのご用意をお願いいたします(※土俵上は土足厳禁です。必ず裸足もしくは足袋を着用して土俵に上がってください)。

・アンケートに関しまして、次年度の貴重な参考資料になりますので、ご意見をお願い致します。

 

17.

討議・協議・審議のポイント

 

・目的達成において、現実的かつ効果的な手法となっているか。

・運営面、設営面(役割分担、持ちものリスト、シナリオ)で漏れがないか。

 

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

審議対象資料一覧(ここに記載したものは全て審議対象となります) 

●電子資料 〔ご覧になる際は、資料名をクリックしてください〕

 

電  子  資  料  名

事業予算

趣意書

案内文

後援申請書_高槻市

後援申請書_島本町

後援申請書_高槻市教育委員会

後援申請書_島本町教育委員会

消防露店等の開設届出書

高槻市児童数

10

島本町児童数

11

野見神社プロフィール

12

野見神社協力依頼書

13

会場図

14

「はにたん」着ぐるみ貸出承認申請書兼同意書

15

西日本学生相撲部連盟依頼書・承諾書

16

藍野病院依頼書・承諾書(前稽古)

17

藍野病院依頼書・承諾書(本大会)

18

タイムスケジュール(前稽古)

19

タイムスケジュール(本大会)

20

アンケート用紙

21

広告物掲載に関する同意書(前稽古

22

広告物掲載に関する同意書(本大会)

23

申込みQRコード

24

イメージ_チラシ

25

イメージ_協賛チラシ

26

イメージ_表彰状

27

イメージ_メダル

28

イメージ_看板

29

イメージ_のぼり

30

イメージ_トーナメント表

31

各種案内POP

32

イメージ_協賛広告のぼり、横幕

33

イメージ_協賛広告ポスター

34

市報掲載依頼書

35

アレルギー対策ちゃんこ材料表

36

メンバー動員用POP

37

わんぱく相撲ルールブック

●配布資料・回覧資料

 

種 別

資  料  名  内  容

配布・回覧

なし

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

前回までの流れ(意見と対応)

 

第1回財政規則審査会議

 

開催日

2017年

1月

15日

(月)

協議

 

意見1:

特になし

対応1:

特になし

 

 

第1回正副理事長会議

 

開催日

2017年

1月

25日

(木)

協議

 

意見1:

2日間も土俵作成するのでしょうか。

対応1:

5月12日に土俵を作り、1週間設置致します(野見神社様の承諾済み)。野見神社様やメンバーの協力を得ながら、設置後の土俵にイタズラが無いよう定期的にチェックします。

意見2:

土俵作成の相見積もりですが、195万円と比較した金額が35万になっていますが、この価格で作成できるものでしょうか。可能であればさらにいくつかの相見積もりが欲しい。

対応2:

今回は木大介先輩を通じて、様々な人とのつながりの中で可能となった金額と捉えていただければと思います。また土俵作り当日の作業についてはメンバーの動員は必須となってまいりますので、ご協力をお願い致します。

合い見積もりについて、土俵の作成は、一般的には相撲部屋を通じて、専門である相撲部屋の呼び出しが土俵作りを行うことが多いため、土代、運搬費、撤去費、呼び出しへの謝礼金、ほか作業人件費など相撲部屋によって異なり、業界が特異なことから合い見積もりを依頼することは失礼にあたり非常に困難です。リサーチの結果、土代だけでも15万〜30万(土の質により異なる)と言われておりますので、業者の合い見積もり金額は、土俵作成におけるすべてを依頼した場合の一般的相場と考えます。

意見3:

議案書の予算総額を訂正してください。

対応3:

550,000円に訂正致しました。

意見4:

協賛の獲得方法について教えてください。

対応4:

広告協賛の手法をとります。

意見5:

協賛による企業メリットを明確にして欲しい。ブース出店等は無いですか。

対応5:

広告協賛ですので、広告での告知メリット、子どもの事業を応援している団体であるという、クリーンなイメージを打ち出せます。また広告協賛と別に出店協賛は考えております。現在考えているのは、出しても飲食ブースのみです。時間を区切り相撲に集中できるようにしたいと考えています。

意見6:

託児所等、来場者様へのケアを考えてください。

対応6:

低学年は午前中に終わらせるようにスケジュールを組み、ちゃんこを食べたら自由に帰れるようにしています。

前半と後半にわけ、後半に当日受付や事前稽古を行えていない子どもを割り当て、メンバーが稽古をします。

託児所については、小さいお子様となると安全上、質・量ともに一定の資格や経験をもった人員確保が必要になりますので予算上大変難しいと考えます。

意見7:

プレスの巻き込みは考えていますか。

対応7:

プレスリリースに加え、幅広い広報を行ういくつかの手法を取り入れました。

意見8:

会場図を添付してください。

対応8:

先方との打合せ日程が協議後のため、審議までに添付致します。

意見9:

審議資料30のリンク切れを訂正してください。

対応9:

修正致します。

意見10:

メンバーの待機場所などは無いのでしょうか。

対応10:

ちゃんこ場は、ふるまい時までテントで覆いますので、そこをメンバー待機場所に致します。

意見11:

見積書は審議資料に添付の必要はありません。

対応11:

訂正致しました。

 

 

第1回常任理事会

 

開催日

2017年

1月

25日

(木)

協議

 

意見1:

動員について他LOMの成功事例について再度ヒアリングしてください。

対応1:

茨木、豊中、池田、吹田、岸和田、貝塚、などにヒアリング致しました。100名以上の動員に繫がっているLOMの共通点として、継続して10年以上開催しており、わんぱく相撲自体が地域に根付いているという点、低学年の動員が多く、高学年についての動員には苦しんでいる点が挙げられます。100名以上の動員に繫がっているLOMでの動員方法としては小学校へのチラシ配布、稽古日を別途設ける、ちゃんこをふるまうなど高槻JCでも行っている手法が主で、WEBからの申し込みがほとんどということでした。毎年の工夫はもちろん必要ですが、根気よく年数を重ねていくことが一番の動員につながると考えます。また近隣LOMと共同での広報活動など、LOM単体ではなく大きな規模での新たな試みも必要であると考えます。

意見2:

例年通りではなく、今年度の工夫について教えて欲しい。

対応2:

日本で初めて相撲を取ったとされる神様が祀る野見神社において、本物の土俵でわんぱく相撲を実施するということそのものが今年度の最大の工夫です。また広報においても、城北通り商店会様のご協力を得て、本大会前から城北通りでのぼりを掲示できるなど、例年の取り組みにはない地域を巻き込んだ手法を選択しています。

意見3:

議案書の予算総額を訂正してください。

対応3:

550,000円に訂正致しました。

意見4:

事業をより良くしていけるようにアンケート等をしっかり精査して欲しい。

対応4:

アンケート内容は目的達成における検証のみの役割で十分だと考えます。

 

 

第2回役員理事会

 

開催日

2018年

2月

2日

(金)

協議

 

意見1:

参加者が前稽古に出られない場合の扱いについて教えてください

対応1:

前稽古に来られなかった参加者は、当日後半トーナメントに組み込み、午前中に稽古を用意致します。

意見2:

会場案内のイメージ図があっても宜しいかと思います。

対応2:

会場図を添付致しました。

意見3:

土俵づくりについて、つくり方の講師はいますか。

対応3:

近畿大学相撲部の学生がボランティアで来ていただけます。

 

 

第2回財政規則審査会議

 

開催日

2018年

2月

12日

(月)

審議

 

意見1:

事業予算様式5において精査してください。

対応1:

精査致しました。

意見2:

高青発を発行し、それぞれ明記してください。

対応2:

発行し、それぞれ明記致しました。

意見3:

ちゃんこ見積書の内訳を明記してください。

対応3:

内訳を明記致しました。

意見4:

ちゃんこ材料表を反映、および衛生面について再考してください。

対応4:

ちゃんこ材料表を審議資料に追加、衛生面について運営マニュアルに追記致しました。

意見5:

西日本学生相撲連盟の承諾書を添付してください。

対応5:

添付致しました。

意見6:

西日本学生相撲連盟への謝礼金の内容について、議事報告書を作成し、明記してください。

対応6:

議事報告書を作成し、明記致しました。

意見7:

協賛計画を作成し、協賛収支を明記してください。

対応7:

協賛計画書を作成し、協賛収支を明記致しました。また協賛企業リストについても作成し、審議後即動けるように準備を致します。

 

 

第2回正副理事長会議

 

開催日

2018年

2月

19日

(月)

審議

 

意見1:

マスコットキャラクターみづまろくんへのアプローチについても明記してください。

対応1:

マスコットキャラクターみづまろくんへのアプローチについて鑑5に明記致しました。

意見2:

雨天時の対応は延期もしくは雨天時でも実施できるように計画してください。

対応2:

雨天時の対応において、テントをつけての決行については、野見神社さまと近畿大学相撲部伊藤監督と相談しながら検討してきましたが、予算上の問題および土俵の安全上の問題により現実的ではないと判断致しました。

よって雨天時は延期での対応で再考致しました。

意見3:

事業予算様式4において、食事代や交通費において精査してください。

対応3:

事業予算様式4において、食事代や交通費において精査致しました。

意見4:

事業予算様式5 見積企業について精査してください。

対応4:

事業予算様式5 見積企業について精査しました。

意見5:

未就学児童の部の実施の有無とその対応を明記してください。

対応5:

未就学児童の部の実施の有無とその対応を鑑11に追記致しました。

意見6:

協賛企業リスト(予定)を添付してください。

対応6:

協賛企業リスト(予定)を参考資料に添付致しました。

 

 

第2回常任理事会

 

開催日

2018年

2月

19日

(月)

審議

 

意見1:

審判講習11日において、こいのぼりワイヤーチェックと兼ね合いを考慮し、人員割り振りをしてください。

対応1:

審判講習は昼からとなりますので、午前中にワイヤーチェック後、そのまま審判講習へと向かう予定です。動員メンバーについては、審判に当たる委員会の各委員長、副委員長および、こいのぼり実行委員の武富さんと相談しながら無理のないよう進めます。

意見2:

ちゃんこ鍋の保管場所、運搬方法など考えておられますか。

対応2:

現在、三重野専務理事の会社にて保管いただいていると確認しております。運搬方法についてはトラックを出せる委員会メンバーへお願いし前日までに準備を行います。また次年度への報告事項にて、保管場所を明記致します。

意見3:

アンケートについて、QRGoogleアンケート)の導入を考えてみてはどうか。

対応3:

Googleアンケートについては、導入を検討はしておりましたが、本事業は子供を対象とする対外事業であることから、その場での回収確認ができないQRアンケートより、しっかりとアンケート記入時間を設け、受付にて回収をする紙アンケートの方が、確実な回収が可能であると考えました。対内事業や例会でのアンケートであれば、アンケートに対する回答意識もあり、Googleアンケートは大変効果的で便利であると考えます。

意見4:

動員計画について再考、追記してください。

対応4:

動員計画について再考、追記致しました。

意見5:

アンケートについて検証のために、プレに参加したか、何で知ったのかの項目を追加してはどうか。

対応5:

保護者向けアンケートに項目を追記致しました。

意見6:

理事長挨拶の場所、表彰の場所について、土俵上で行うのであれば赤いじゅうたんを引くなど対応も明記してください。

対応6:

理事長挨拶、表彰の際の、土俵に登る際の対応について追記致しました。

意見7:

案内POPおよび協賛のぼり、横幕において、ロゴ規定に沿って修正してください。

対応7:

ロゴ規定に沿って修正致しました。

意見8:

ふるまいちゃんこについて、衛生面について対応を明記してください。

対応8:

運営マニュアルに記載しておりますが、鑑11にも内容を追記致しました。

意見9:

のぼりの掲示許可について、根拠や経緯を明記してください。

対応9:

のぼりの掲示許可について、根拠や経緯を鑑5に明記致しました。

意見10:

プレ大会の目的は削除してください。

対応10:

プレ大会の目的を削除致しました。

意見11:

運営マニュアルは参考資料へ。タイムスケジュールを審議に資料添付してください。

対応11:

運営マニュアルは参考資料へ、タイムスケジュールを審議に資料添付致しました。

意見12:

協力していただく各団体の協力内容や経緯などを明記してください。

対応12:

各団体の協力内容と経緯を鑑5に明記致しました。

意見13:

のぼりの掲示位置について協賛依頼時に伝えておくなど、協賛企業への対応を考えてください。

対応13:

のぼりの掲示位置について、協賛依頼チラシ内コーションとして追記致しました。また、協賛依頼時に口頭でご説明し、ご了承いただくように注意致します。

 

 

 

第3回役員理事会

 

開催日

2018年

3月

2日

(金)

審議

 

意見1:

動員計画の中にプレ大会で150部とあるが、参加者ベースだと小学生と未就学児で65部になるが、残りは誰に配るのか。

対応1:

友人やご近所の方にも配れるよう、参加者に多めに配布すると考えています。

 

意見2:

動員計画の根拠はあるか

対応2:

動員計画に根拠はあります。

意見3:

土俵づくりの日程は12日だけで良いのか、7日から参加できる日に行けば良いのか。

対応3:

天候によって作業の可否を決定するため日程を定めることが難しいです。実施日程が決まり次第、委員長に共有させていただきます。鑑10実施組織 《5月12日(土)土俵作り》《5月7日(月)〜5月12日(土)土俵作り》 に変更致しました。

意見4:

当日の執行部の服装はスーツが良いのではないか。

対応4:

鑑11、14 メンバーの服装について「中澤理事長および三重野専務につきましては、スーツ着用でお願い致します。」の文言を追記致しました

意見5:

行司の服装には蝶ネクタイ着用してはどうか。

対応5:

今回は着用する予定はありません。

意見6:

当日は各委員会の担いがあるが、リハーサルは委員会メンバーのみの参加で問題ないか。13日の前稽古は各委員会もリハーサルと考えて参加して良いのではないか。

対応6:

鑑11 リハーサルについて追記致しました。当委員会メンバーを各役割の統括として配置しています。本大会当日は各委員会への指示を任せられるように準備を致します。また、全体リハーサルとしては、プレ大会、前稽古の本番が本大会のリハーサルと捉えていただき、各委員会の皆様もその点を意識して参加をお願いいたします。

意見7:

女子児童の参加動員の工夫を聞かせて欲しい。毎年、女子の部の参加充実に難しさを抱えていると感じている。当日のトーナメントが成立しない事態が起こらないような動員を心がけてほしい

対応7:

現在、藤島部屋との小学校訪問が始まっていますが、特に高学年、男女ともに参加への声がけをしています。またマスミダンスサークルへの動員依頼をしており、当日もダンスパフォーマンス披露や体操のサポートをいただくことで、当日来られる子供たちにも参加いただけるよう講師の方々にもお声がけを致します。

意見8:

持ち物リストはどこにあるか

対応8:

運営マニュアルに記載しています。

意見9:

運営マニュアルを読むだけでは当日の役割がイメージできない可能性がある。本大会当日までに、参加するメンバーが自分の役割がよりわかるものを準備してください。

対応9:

運営マニュアルを当日までに精査致します。報告議案にて差し替えます。

意見10:

協賛協力について、足りない場合に協力の依頼が来るのか、タイミングや時期をおしえてください。

対応10:

足りないという段階ではなく、予め、理事メンバーの皆様には協賛の協力をお願い致します。募集期間中、リアルタイムで協賛の状況がわかるように仕組みを構築し共有を図ります。

意見11:

メンバーに一般参加者の動員状況がわかる仕組みを作っていただきたい。例えば、一週間ごとに状況共有いただくなど。

対応11:

募集期間中、リアルタイムで動員の状況がわかるように仕組みを構築し共有を図ります。

意見12:

協賛リストの共有をお願い致します。

対応12:

Googleドキュメントで準備しております。

意見13:

FBページを見ているのが対内ばかりなのでさらなる工夫をお願い致します。

対応13:

ひとつの投稿で閲覧数は300を越えることもあり対内外で注目度が上がっていることがデータで見えています。Webでの発信は、単体での役割というより、チラシやPRと併せて行うことによって、あらゆる場面で繰り返し目にする広告に人は親しみを感じ行動に移しやすいという熟知性の効果が期待できます。今後も、FBを更新するだけでなく、地域情報を発信しているwebサイト等に広報のご協力いただきながら、動員の一助となるよう動きを取り続けます。またFacebookページでのみなさまの「いいね」や「シェア」によって、対外の閲覧数が増えますので引き続き「いいね」や「シェア」のご協力をお願い致します。

意見14:

当日までに、理事として何を協力すれば良いか

対応14:

依頼事項に記載する内容の協力をお願い致します。

 

 

議案上程スケジュール

 

 

事業計画 ・ 予算

 

事業報告 ・ 決算

 

回数

諸会議名

開催日時

議事

 

回数

諸会議名

開催日時

議事

第01回

財政規則審査会議

2018年1月15日

協議

第05回

財政規則審査会議

2018年6月18日

審議

第01回

正副理事長会議

2018年1月25日

協議

第05回

正副理事長会議

2018年6月22日

審議

第01回

常任理事会

2018年1月25日

協議

第05回

常任理事会

2018年6月22日

審議

第02回

理事会

2018年2月2日

協議

第06回

理事会

2018年7月6日

審議

第02回

財政規則審査会議

2018年2月12日

審議

 

 

 

 

第02回

正副理事長会議

2018年2月19日

審議

 

 

 

 

第02回

常任理事会

2018年2月19日

審議

 

 

 

 

第03回

理事会

2018年3月2日

審議

 

 

 

 

 

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算

参考資料一覧

 

 

種  別

資  料  名

1

電子

基本方針職務分掌提言書委員会所信年間事業計画

電子

わんぱくロゴマーク

電子

わんぱく相撲音楽

電子

日本JC事業賠償責任保険について

電子

動員計画

電子

スポーツ団体リスト

電子

本大会までの流れ

電子

運営マニュアル(前稽古)

電子

運営マニュアル(本大会)

10

電子

シナリオ(前稽古)

11

電子

シナリオ(本大会)

12

電子

協賛計画

13

電子

協賛企業リスト

14

電子

土俵づくりにおける議事報告書

15

電子

合見積書_チラシ印刷費

16

電子

合見積もり書_のぼり横幕印刷費

トップ/事業要綱/事業概要/審議対象資料/前回までの流れ/上程日程/参考資料/事業予算