基本方針

≪基本方針≫

  1. 人材育成機関、人材教育機関として魅力的な組織への進化
  2. 組織文化の改善
  3. 情熱を持続させる組織運営

《運営方針》

1、組織について

■副理事長 3名(理事)
執行部の立場に立ち、事業目的達成のための上程議案の内容を精査し、各担当委員会の円滑な運営に努める。

■専務理事 1名(理事)
執行部の立場に立ち、事業目的達成のための上程議案の内容を精査する。
総務室・事務局と連携し高槻JC の円滑な運営に努める。
外部、他LOM との窓口を担う。

■監事 2名
理事が目的の範囲外の行為その他法令若しくは定款に違反する行為をし、またはこれらの行為をする
おそれがある場合において、理事に対してその行為をやめることを請求する。

■顧問 2名
委員会に対し支援を行う。1名は会員開発委員会、もう1名は指導力開発委員会と文化教育研究委員
会を担当とする。

■新入会員審査室 室長 1名(副理事長兼務)
入会申込書を受け取り、書類審査・面接審査を行う。
理事会より委嘱された入会申込者の資格を厳正に審査する。審査においては諸規則を厳守する。
室長以外のメンバーは各委員会より重複とする。

■総務室 室長 1名(理事)
担当委員会に対しての事業目的達成のための助言をし、各担当委員会の円滑な運営・統括をする。

■委員長 5名(理事)
委員会の円滑な運営に努め、各事業への積極的参加をメンバーに促す。

■副委員長 9名(理事)
各委員会において委員長を補佐し、委員会の円滑な運営に努め、各事業への積極的参加をメンバーに促す。

2、会議について

■正副理事長会議
上程議案を検討、精査し理事会の円滑な運営を促す。
構成メンバーは以下の通りとする。
理事長、直前理事長、副理事長、専務理事、室長

■財政規則審査会議
理事会より委嘱された各上程議案に対し財務委員会が、財政面・規則面において厳正に審査する。
審査においては諸規則を厳守する。
構成メンバーは以下の通りとする。
財務委員会、専務理事、室長